バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
どうしてアフリカ?どうして図書館?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どうしてアフリカ?どうして図書館?

  • 児童書
作: さくま ゆみこ
絵: 沢田としき
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年06月
ISBN: 9784251092625

四六判・167ページ

出版社からの紹介

アフリカに子どもの図書館をつくってしまった!
日本の外へ一歩を踏みだした若い日から今日まで、アフリカの魅力と出会いを語ります。

ベストレビュー

アフリカで図書館

さくまゆみこさん、新刊が出ると必ず読む翻訳家の一人です。

今回は訳ではなく、さくまさんご自身が著者。

そして、アフリカで図書館を作られたらしいタイトルに目を惹かれました。

そういえば、さくまさんが訳されている本でアフリカにまつわる話を私も何冊か読んだことがありました。

特に昔話の『クモのつな』は息子のお気に入りです。

この本を読んで気になったのは、『エンザロ村のかまど』という本です。

水を煮沸して飲むという習慣がなかったために、命を落としていた子どもたち。このかまどを作ることによって死亡率がぐっと減ったということ。

先進国の技術をそのままアフリカに持ちこんでも即座にアフリカの人々の役には立ちません。

アフリカに住む人たちの生活に根差し、またアフリカにあるものでお金をかけずにできることは何なのか?を一緒になって考えること、時間をかけて探すことが大切なのです。

図書館を作るにしても、現地の人に役に立つ本であること、アフリカにある語りの文化を壊さないことを、さくまさんがとても大切に考えておられることがとても心に残りました。

巻末には、さくまさんが訳をされたアフリカ関連の本がリストとして上がっていました。

何冊かはすでに読んだことがありますが、まだ読んでいない本も順番に読み進めていきたいと思っています。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さくま ゆみこさんのその他の作品

ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし / ホーキング博士のスペース・アドベンチャー2-2 宇宙の生命 / くらやみのなかのゆめ / ウィニー 「プーさん」になったクマ / バンブルアーディ / ホーキング博士のスペース・アドベンチャー2-1 宇宙の法則 解けない暗号

沢田 としきさんのその他の作品

しょうがつが くると / みさき / エンザロ村のかまど / ひとでの たいそう / あくびで ねんね / ビーバー族のしるし



『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

どうしてアフリカ?どうして図書館?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット