貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
神様の階段
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

神様の階段

作: 今森 光彦
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784033318707

小学校中学年から

出版社からの紹介

はるかな山にむかってつらなる美しい棚田。それは自然への感謝がつくりだした〈神様の階段〉。バリ島の人々と自然のかかわりを描いた写真絵本。

ベストレビュー

美しい棚田の写真絵本

バリ島のとても美しい棚田の写真絵本です。

本文中にも出てきますが、バリ島は気温が高いので稲作が年中行われ、稲を植えた田と収穫された田が隣接していることがあるのが、秋にしか収穫風景を見ない日本の私にとっては不思議な光景でした。

バリ島の人たちは、一日に三回神に感謝するなど、神様の存在がとても身近だし、今ある生活をとても感謝していることがわかりました。

こんな風な敬虔な気持ちを私は日々持てていたのかと、パリ島の人々の心の豊かさが羨ましくもありました。

耕運機ではなく牛が田を耕し、収穫後の米の残りつぶをアヒルが拾い、その糞が田を豊かにするなど、循環型農業が今なお続けられている様子。

人と棚田、動物、神様がとても密接でゆったりとした生活が感じられました。

写真もとても美しくて見ていると癒されます。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

今森 光彦さんのその他の作品

まんまるだあれ / さとやまさん / 0,1,2歳ママバッグえほん だっこっこ / 3さいからのあそべるずかん むし / だれかさん / あれあれ?そっくり!



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

神様の階段

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット