にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
ゴマの洋品店
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゴマの洋品店

写真: 公文 健太郎
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784030033900

中学生から

出版社からの紹介

ネパール、バネパを舞台にしたフォトエッセイ。農村から街へお嫁に行った少女ゴマと、ゴマの洋品店に集まる人々。様々な暮らしをあたたかく描く。

ベストレビュー

土の匂いがする

【内容】
「世界のともだち ネパール」(偕成社 2014年)
この作品に出てくるアヌスカ(女の子)のお母さんと、彼女の周辺のネパールの人々を撮影した写真と随筆。
ゴマ(ネパール人、女性)は生まれ育った村から、バネパの町にお嫁に行った。そこで長女アヌスカと、長男を授かる。村の人々のくらし、実家の家族の様子、街の人々や行商人、旅芸人…いろいろな人たちの人生の一コマを切り取った写真に、素朴で温かい文章。
現代のネパールの、地方都市と田舎の村の様子を体験できる一冊。

【感想】
を読んで、この人の別の作品も見てみたいと思って手に取った本です。
紀行文とも随筆ともいえる作品。観光地ではない、普通のネパールの人々の暮らし、本音の部分がよく描かれている。
作者は、現地の人の生活の中に、どんどん入っていく。行商人のニンニク売りのおばちゃんとか、商店街で果物を売っているおばさん、山羊の買い付け人、農村で暮らす一家、妙にお金持ちの婦人などなど。それぞれの人たちの人生が、少しずつのぞき見できる。
それぞれの人の、性格、暮らしぶり、悩み、うれしかったことなどが、不思議と立体的に感じられる。まるでそこにその人がいるみたいな錯覚を受ける。きっと作者が人懐っこい感じで、現地の人に受け入れられて家族や親せきのように付き合っていたから、このような生き生きとした写真と文章ができたのではないだろうか。

ネパールの土の匂い、風の匂いがしてきそうな、ステキな作品です。
小学校高学年〜大人が楽しめる作品。ルビがふってあれば、もっといろんな人に楽しんでいただけるのではないでしょうか。
(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


公文 健太郎さんのその他の作品

世界のともだち(7) ネパール 祈りの街のアヌスカ / だいすきなもの



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

ゴマの洋品店

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット