しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ルルーとモモーヌ ずっといっしょに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ルルーとモモーヌ ずっといっしょに

作・絵: たけの みつえ
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ルルーとモモーヌ ずっといっしょに」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介


いつも 一人でいた、くろねこルルー。食べて、寝て。食べて、寝て。毎日、それだけあれば幸せだったルルー。
でもある日、モモーヌに出逢ったとき、ルルーの毎日はかわったのです。
モモーヌといっしょにいるために、ルルーの旅が、いまはじまります!

全ページ、切り絵による絵本です。空や雲、舞い落ちる葉、街中のショーウィンドウ、がけから見下ろす町並み……
絵の具で描いた絵とはちがった雰囲気と風合いが、ストーリーをもりあげてくれています。

ベストレビュー

可愛い2匹の猫のラブロマンス。

うちの子どもたちは動物好きですが、最近特に猫が好きなので、図書館で見つけて、この絵本を借りてきました。

この作者も猫が好きなようですね。
裏表紙、中表紙まで、すごくこだわりを持って、愛情深く描かれている作品だな〜と、感心しました。
でも、最初ちゃんと作者名を見ていなくて、物語の世界がどう見ても海外の風景だったので、翻訳ものだと思い込んでいましたが、
読み終わって作者名を見てビックリ!
日本人の、しかも初めて絵本に挑戦した方の作品ではないですか!?

素晴らしくレベルの高いデビュー作ですね。
猫好き、動物好きの読者にはたまらない、ドキドキハラハラで猫のカップルの2匹を追っていくカメラ目線、サイコーに決まってました。

ただ、欲を言えば、どのくらいの年の人に向けた作品なのか、今イチ見えませんでした。
特にこういう終わり方にすると、小さなお子さんが読んだときは消化不良になってしまいがちです。
出来たら、はっきり2匹が出会うシーンを組み込むか、
2匹が完全に分かれ別れ別れで暮らしていく。という終わり方ですと、小さなお子さんには、理解できるラストにつながると思いますが、いかがでしょうか?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

ルルーとモモーヌ ずっといっしょに

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット