十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
人生に大切なことはすべて絵本から教わった
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

人生に大切なことはすべて絵本から教わった

著者: 末盛千枝子
出版社: 現代企画室

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年03月27日
ISBN: 9784773810042

4-6上製 312頁

出版社からの紹介

すえもりブックスを主宰し、国際児童図書評議会(IBBY)国際理事としても活躍した編集者の
末盛千枝子さんが語った、宝物のような絵本の数々と素晴しい人々との出会い、そして自らの半生。
代官山ヒルサイドテラスで1年にわたって開催され、大好評を博したセミナーシリーズを一冊の本に
まとめました。
人間の生き方のなかに本当の美しさを見据えて伝えようとする「希望の言葉」と出会ってください。

【主な内容】

タシャ・チューダーとの出会い/仕事のしあわせ―ゴフスタインから考える/生きる知恵―シャー
ロット・ゾロトウとともに/女性の生き方を考える―「ねずみ女房」を入り口にして/家族の風景
―The Family of Man/クリスマスの絵本―贈り物について/即興詩人の旅―安野光雅さんと外
/アレキサンドリア図書館をめぐって―松浦弥太郎さんと語る/勇気と好奇心―ピーター・シスの
絵本を中心に/友情について

【著者紹介】末盛千枝子(スエモリチエコ)

1941年、彫刻家・舟越保武の長女として東京に生まれる。絵本の編集者を経て、「夢であいましょう」
などの番組を手掛けるNHKのディレクターと結婚、2児の母となるが、夫が突然死する。
その後、頼まれて最初に出版した『あさ』が1986年ボローニャ国際児童図書展グランプリ、
ニューヨーク・タイムズ年間最優秀絵本、サンケイ児童出版文化賞を受賞。
88年すえもりブックス設立。以後、まど・みちおの詩を皇后美智子様が選・英訳された
『どうぶつたち』、98年ニューデリーでの皇后美智子様の講演録『橋をかける』などを国内外で
出版。2002年〜06年までIBBYの国際理事をつとめた。

ベストレビュー

美しい宝の山

 末盛さんの講演会でのお話です。私の好きな、タシャ チューダーさんや安野光雅さんのお話が楽しかったです。彫刻家の船越桂さんとの関係も驚きでした。

 末盛さんの「本というものは、美しい宝の山」という言葉が印象に残りました。エネルギッシュな生き方を見習いたいなと思いました。
(どくだみ茶さん 30代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


末盛千枝子さんのその他の作品

「私」を受け容れて生きる―父と母の娘― / すばらしい季節 / ピアノ調律師 / ちいさな曲芸師 バーナビー / ピアノ調律師 / ゴールディーのお人形



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

人生に大切なことはすべて絵本から教わった

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット