しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
ゆうすげ村の小さな旅館
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆうすげ村の小さな旅館

作: 茂市 久美子
絵: 菊池 恭子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年07月
ISBN: 9784061956964

サイズ:A5判 ページ数:164

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ゆうすげ村のゆうすげ旅館の12か月。つぼみさんは1人で旅館をきりもりしています。お客さんも、ちょっと変わっていて、こんな旅館があったらステキです。心暖まる、ファンタジーのはじまりです。

ベストレビュー

不思議なお客さんが春夏秋冬、12組。

【あらすじ】
ゆうすげ村にある小さな旅館は、年を取ったおかみさんが一人で切り盛りしています。この旅館には実にいろいろなお客様がお泊りになります。中には人間ではないお役様もたびたび訪れまして…
ひとつひとつ大切に描かれた旅館の物語、12話を収録。

【感想】
こんな旅館があったら、是非とも行って、泊まってみたい!
長年、いろんな体験をしているおかみさんは、さすがに人間以外のお客様にも動じることなく、普通に接しています。接客業の鑑。年をとっても元気で、好奇心がいっぱいで、キラキラ輝いているような、そんな素敵な熟女です。こういう風に楽しく年をとりたいものです。

現代のおとぎ話。ちょっと懐かしい、昭和の匂いがする旅館にほっと一息つきながら、上質のファンタジーを楽しめる作品。一つ一つが昔話のようだけど、最後にはしっかり現実に戻してくれる安全な旅行が楽しめる。
私は旅行はしないのですが、この本を読むと、旅行に行ったような気分になってきます。春夏秋冬、一年間の楽しい旅行を、旅館のおばさんと一緒に楽しんだ気持ちになります。日本にはこういう素敵な伝統や、行事があったなあと、ほのぼのします。

中でも一番好きな話は「帽子をとらないお客様」。鬼のお客様のお話。
節分の時期に鬼がどういう気持ちになっているか、いろいろな空想ができて楽しい。そしてちょっともの悲しいお話。鬼をテーマにしているのに、妙にはかない雰囲気があり、不思議な感じがいたします。
(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


茂市 久美子さんのその他の作品

アンティーク・シオンの小さなきせき / ドラゴン王さまになる / ドラゴンはスーパーマン / つるばら村シリーズ(10) つるばら村の魔法のパン / おひさまやのテーブルクロス / おひさまやのたんぽぽスプレー

菊池 恭子さんのその他の作品

ミリー・モリー・マンデーと ともだち / クリーニングのももやまです / おいなり山のひみつ / 七草小屋のふしぎなわすれもの / くんくまくんとおやすみなさい / くんくまくんとバケツおに



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ゆうすげ村の小さな旅館

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット