ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日! ひなまつりルンルンおんなのこの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、ひな祭りの知識も学べる!
ととくろさん 30代・ママ

ひなまつり定番で☆
たちもとみちこさん絵のこの行事シリーズ…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
岩波少年文庫 アーミテージ一家のお話(1) おとなりさんは魔女
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 アーミテージ一家のお話(1) おとなりさんは魔女

  • 児童書
作: ジョーン・エイキン
訳: 猪熊 葉子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥680 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年06月
ISBN: 9784001141672

小学3.4年から
小B6判・並製・カバー・244頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

一生たいくつしませんように……おくさんがそんな願いをかけたのがすべてのはじまりでした。
アーミテージ一家では、週に一度、とんでもないことばかり起こります。庭がユニコーンだらけになったり、
魔女がおとなりで幼稚園をひらいたり、幽霊の家庭教師があらわれたり、マークとハリエットの兄妹はおおわらわです。

ベストレビュー

冒頭部分が「奥さまは魔女」みたいで

まず、河本祥子(コウモトサチコ)さんの表紙の絵が目を惹きました。
かわいらしく、ひょうきんなイメージの「魔女」!
一体どんな魔女なのかしら…、ワクワクしながらページを開くと、子どもの頃に見ていた「奥さまは魔女」のオープニングのナレーションみたいな冒頭。

出版社からのお薦め年齢は、小学校中学年くらいからです。本の好きな子なら、このくらいから十分楽しく読めると思います。
アーミテージ家に巻き起こるちょっと不思議で楽しい物語が、ショートショートで10編載っています。
1話1話がたいして長くないので、寝物語にお話してあげても面白いかもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョーン・エイキンさんのその他の作品

7つの怖い夜ばなし / ナンタケットの夜鳥 / ダイドーの冒険(5) コールド・ショルダー通りのなぞ / ダイドーの冒険(2) バタシー城の悪者たち / アーミテージ一家のお話3 ゾウになった赤ちゃん / アーミテージ一家のお話2 ねむれなければ木にのぼれ

猪熊 葉子さんのその他の作品

岩波少年文庫 王のしるし (下) / 岩波少年文庫 王のしるし 上 / 岩波少年文庫 運命の騎士 / 岩波少年文庫 辺境のオオカミ / 岩波少年文庫 ともしびをかかげて 上 / 岩波少年文庫 ともしびをかかげて 下



『くろくまくんとしろくまくん』 小林ゆきこさんインタビュー

岩波少年文庫 アーミテージ一家のお話(1) おとなりさんは魔女

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット