だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ちいさなボタン、プッチ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさなボタン、プッチ

  • 絵本
作: あさのますみ
絵: 荒井 良二
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ちいさなボタン、プッチ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784097264170

AB判・24頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ボタンのプッチとエリちゃんの心温まるお話。
ここはボタンのお店の引き出しです。ボタンたちは、どんな未来が待っているのか期待に胸をふくらませています。
ちいさなお花のかたちをした「プッチ」もそんなボタンのひとつでした。ある日、プッチの旅立ちが訪れました。
プッチはエリちゃんというかわいい女の子のスカートにちょこんと付けてもらいました。
それからはいつでもどこでもエリちゃんと一諸、エリちゃんがどろんこになればプッチもどろんこになりました。
ところがある日「このスカート、エリちゃんには小さくなったわね。捨てるしかないかしら」というお母さんの声。
「捨てる!」
プッチは驚き悲しみますが、どうすることもできません。
もうエリちゃんのそばにいてやさしい声を聞くことも、楽しく遊ぶこともできないのでしょうか・・・。

●編集者からのおすすめ情報●
2007年度「おひさま大賞」童話部門の最優秀賞作品です。
作者のあさのますみさんは「浅野真澄」の名前で声優さんとして大活躍の方です。
「おひさま大賞」へは職業は伏せて応募されました。
絵は、絵本界のノーベル賞ともいわれる「リンドグレーン賞」に輝く、日本を代表する絵本作家、荒井良二さんです。

ベストレビュー

ボタン一つ

小さな一つのボタンの目線で、たくさんの出来事が見られました。
普段、気にもとめないボタンですが、この絵本では、本当にかわいらしく一途に描かれていました。
そして、物を大切にしようとする、ママとエリちゃんの想いが伝わってきました。

(なしなしなしさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

あさのますみさんのその他の作品

はるってどんなもの? / トイレこちゃん / おなかのなかの、なかのなか / もしも魔女になれたら!? 人気作家スペシャル短編集 / 贈りものは魔法パフェ! ウルは空色魔女3 / 角川つばさ文庫 なつやすみは魔法(マジカル)クレープ! ウルは空色魔女 2

荒井 良二さんのその他の作品

きょうはそらにまるいつき / チロルくんのりんごの木 / そりゃあもう いいひだったよ / こどもる / ひゃくえんだま / じゅんびはいいかい



2つの写真のまちがいをさがそう

ちいさなボタン、プッチ

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.39

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット