くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ババヤガーのしろいとり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ババヤガーのしろいとり

作: ロシア民話
絵: 佐藤 忠良
再話: 内田莉莎子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

「こどものとも」212号
26×19cm 32ページ

出版社からの紹介

マーシャは両親の留守中、弟のワーニャのお守りを頼まれていましたが、いいつけを守らず遊びにいっているあいだに、ワーニャを白い鳥にさらわれてしまいました。白い鳥を追いかけていったマーシャは、ペチカやりんごの木やミルクの川に助けられ、山んばババヤガーのもとから、弟を無事に救いだします。ロシアの子どもたちにはおなじみの昔話を佐藤忠良が描きました。

ベストレビュー

ロシア民話

男の子が白い鳥にしがみついている絵に惹かれて選びました。
とても怖いお話で、ドキドキして読みました。怖いお話が苦手な私なのですが、マーシャが弟のワーニャの救出に懸命になっているのでとにかく応援しなくちゃの思いでいっぱいでした。子守りを頼まれたマーシャが忘れて一人にさせたから自分一人で弟を助け出そうと必死の姿に感動しました。責任感が強いし、弟を助け出すのに無我夢中なので心を打たれました。なにより助かってよかったです!
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

出版社おすすめ


佐藤 忠良さんのその他の作品

おひゃくしょうとえんまさま 中国民話 / 偕成社文庫 小さな町の風景 /  / 紙芝居 平和のちかい / The Gigantic Turnip おおきなかぶ(英語版) / 大型絵本 おおきなかぶ



視点を変えて…もしあなたが桃太郎だったら?!

ババヤガーのしろいとり

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット