貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
家族の練習問題 (2) −木陰の物語−
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

家族の練習問題 (2) −木陰の物語−

作: 団 士郎
出版社: ホンブロック

在庫あり

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784990171322

B6変形判・216ページ

出版社からの紹介

2006年に出版された「家族の練習問題」は、いまも息長く売れ続けています。そしていよいよ「2」が発売になりました!
公立児童相談機関で25年間、家族を対象にしたカウンセラーとして活動した著者・団士郎がつづる家族の物語、16編。
その経験から出会った家族の豊かなエピソードを、読みやすい漫画エッセイで紹介します。
「カウンセリング」「援助」などというと、何か問題を解決してくれるように錯覚してしまいますが、
結局最後に解決するのは「自分自身」であり、援助者は、その力を出させたり、
力が出る環境を整えたりすることが仕事なのではないでしょうか。
ひとは、誰しも一人では生きておらず、その意思決定にしばしば顔を出すのが、家族という存在。
だから、家族のストーリーがおもしろいのかもしれません。
「あの人がそんなことを抱えておられたなんて、思ってもみなかった」
人は誰しも、他人にはうかがえないドラマを抱えて生きています。
そのドラマを知ることは、きっと何らかの形で自分たちの人生にプラスになって帰ってきます。16編の家族のドラマ。
あっという間に読めてしまう本ですが、何回読んでも、味わいがそのたびに違う本です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

団 士郎さんのその他の作品

家族の練習問題 (4) −木陰の物語− 悲しみも、哀しみも / 家族の練習問題 (3) −木陰の物語− 父よ母よ / 家族の練習問題 (1) −木陰の物語−



あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

家族の練習問題 (2) −木陰の物語−

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット