庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
大きな木の家 わたしのニコ・ピロスマニ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大きな木の家 わたしのニコ・ピロスマニ

  • 絵本
作・絵: はらだ たけひで
出版社: 冨山房インターナショナル

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784902385410

小5〜

出版社からの紹介

「絵をかくことは 愛すること この世の美しいもの すべてを」グルジアという国に実在した画家、ニコ・ピロスマニ。彼の人生につまっていたのは溢れんばかりの愛だった。それらすべてを絵にし、世に残していたが…。友人たちと大きな木の家で暮らすことが夢だった彼の、孤高の魂に捧げる賛美歌のような美しい絵本。

大きな木の家 わたしのニコ・ピロスマニ

ベストレビュー

無垢な画家の物語

 シックな色にシンプルなシルエットの絵の表紙。どんなお話なのかな、と興味しんしんでページをめくりました。

 グルジアの画家、ピロスマニのお話でした。子どもは、地球儀でグルジアの場所を見つけて、読みました。
 無垢な画家の一生に、静かに深く感動しました。ピロスマニ本人は、幸せだったんじゃないかなと、私は思いました。

 ピロスマニの絵は、今はもう見ることができないそうです。それでも画家の想いは残っているんだなと思いました
(どくだみ茶さん 30代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


はらだ たけひでさんのその他の作品

パシュラル先生の四季 / 森のおくの小さな物語 / ふしぎやさん / ごくらくちょうちょ / 軽装版 イグアナくんのおじゃまな毎日 / 海へでる道



葉祥明さんの描く不朽の名作

大きな木の家 わたしのニコ・ピロスマニ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット