となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
へへののもへじ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

へへののもへじ

作: たかなし あきら
絵: 林 明子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥680 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「へへののもへじ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年2月
ISBN: 9784834001815

ベストレビュー

大きな声で、さあどうぞ!

お話は言葉遊びのようですね。大きな口ではっきりした声で読みたくなります。国語の教科書にも良さそうな感じがします。家族の一日になっていて、特に最後が「ぱぱとぼく おふろにはいる たいるのおふろ ぱぱのせなかを あらってあげた ぱぱもせなかを あらってくれた くれた くれた ひがくれた」で終わるので、思わず「うまい!」と叫んでしまいました。
絵はおなじみ林明子さんなので、とてもあたたかく、それでいて細部へのこだわりが楽しめます。(はじめてのおつかいの絵本が隠れていたり。)
(ぽぽろんさん 20代・ママ 女の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。

林 明子さんのその他の作品

ひよこさん / くろねこトミイ / にせあかしやの魔術師 / 文庫版 魔女の宅急便6冊セット / 魔女の宅急便 6冊セット / ビッグブック もりのかくれんぼう



「ひらこう! とびらえほん」シリーズ 編集者  中村美早紀さんインタビュー

へへののもへじ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット