おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
きりの国の王女
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きりの国の王女

ベストレビュー

ジプーシ―たちの昔話をまとめたものです。

ジプシーって、実はどんな人たちのことを指すのか、微妙だな〜と、思って、「言泉」で調べてみました。
いわゆる流浪の民なのですが、その故郷はインドと考えられているそうです。
確かに、浅黒い肌に黒い眼、舞踊とうらないが得意。というイメージはありましたが、原点がインドとは!
何となくヨーロッパかアラブ諸国の人種かと思っていました。
そんなジプシーたちの昔話をなぜ、ロシア文学の邦訳で有名な内田さんが訳したんだろう?と、思ったら、
再話編集したのが、ワルシャワ生まれの有名なジプシー学者が、
元の本を書かれていたからなんですね。

1冊の本から、なんだか不思議な縁や歴史を感じることができてうれしいです。

さて、内容ですが、これがまたスペインの昔話にも似ているし、北欧の昔話にも似ています。でも、主人公たちは当然「ジプシー」なのです。
この本には、表題作の「きりの国の王女」のほかに、
「ひつじかいのバクレングロ」「雨ごいの名人」「七人の兄弟と悪魔」「魔法の小鳥」「すてられた子どもたち」「悪魔をだましたジプシー」「太陽の王の三本の金髪」「魔法の箱」「ヒキガエルとまずしいやもめ」が載っています。

「すてられた子どもたち」はグリムの「お菓子の家」とお話が似てました。
「太陽の王の三本の金髪」はヨーロッパ各地に同類の昔話があります。
そして、どの話も面白いです!
個人的に面白いなと思ったのは「悪魔をだましたジプシー」と「ヒキガエルとまずしいやもめ」でした。
とても古い本なので、図書館とかでないとお目にかかれそうもありませんし、あまりにも古くて、今どきの子は特別な興味がなければ、
まず手にしなさそうな作品です。
ですが、それぞれのお話は時代を超えて面白く、ユーモアやロマンがあふれています。
機会があったら、ブックトークや語りなどで、子どもたちに紹介したいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

出版社おすすめ


フィツォフスキさんのその他の作品

福音館文庫 太陽の木の枝 / 太陽の木の枝 / なんでも見える鏡―ジプシーの昔話

内田 莉莎子さんのその他の作品

にひきのよくばりこぐま ハンガリーの民話 / ビアンキの動物ものがたり / ロシアのわらべうた / 福音館文庫 ぞうのドミニク / The Gigantic Turnip おおきなかぶ(英語版) / 福音館文庫 ロシアの昔話



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

きりの国の王女

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット