十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ホネホネすいぞくかん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ホネホネすいぞくかん

文: 松田 素子
絵: 大西成明
監修・解説: 西澤 真樹子
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784752005063

26×20cm 40ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

サンマ、マグロなど身近な魚から、タツノオトシゴ、サメやクジラまで海の仲間が大集合!
ホネからわかる、暮らしや体の秘密に迫る。

ベストレビュー

魚の骨からわかること

『ホネホネたんけんたい』の海の生き物バージョンといったところでしょうか。
そもそも水族館の生き物は馴染みが薄いかな、とも思ったのですが、
読んでみて、あ、意外に身近かも、と思ってしまいました。
そう、食べ物で魚の骨ってよく見かけますからね。
そんな意味で、子どもたちにも興味を持ってもらえそうな気がします。
私も妙に親近感を持ってしまいました。
ヒラメなどは馴染みのある形ですが、
このように標本となると、美しいですね。
あんなに弱くて細い骨を、どうやって標本作りされるのか不思議です。
ピラニアやサメは予想通りの風格。
やはり立派です。
サンゴや、貝・えび・かに類の殻も、骨なんですって。
特に、どうしても動物と認識できないサンゴも少し見方が変わりました。
骨って奥深いですね。
今度魚料理した時にはじっくり観察することにしましょう。
(レイラさん 40代・ママ 男の子17歳、男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

西澤 真樹子さんのその他の作品

ヤモリの指から不思議なテープ / ホネホネどうぶつえん

松田 素子さんのその他の作品

エステバンとカブトムシ / オチビサンの ひみつの はらっぱ / わたしは樹だ / オセアノ号、海へ! / ナマケモノのいる森で / マドレンカ サッカーだいすき!

大西成明さんのその他の作品

ホネホネたんけんたい



『ととちゃんみーつけた』『ころりんタイヤくん』 新井洋行さんインタビュー

ホネホネすいぞくかん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット