ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ふでばこのなかのキルル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふでばこのなかのキルル

  • 絵本
作・絵: 松成 真理子
出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ふでばこのなかのキルル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784592761433

AB判変型 /32頁

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「キルル キルル」
小さな声でなくへんてこないきもの・キルル。
おじいちゃんのふでばこの中であかいふたつのめだまが、じっとぼくをみています。
導入部分だけでぎゅっと心をわしづかみにされてしまいました・・・。
物語は、ぼくとキルルの出会いから、キルルがどうやってここに来たか、そしてやがて来る別れの場面までを優しく、切なく描いています。
「50年たっても ぼくがキルルのことわすれませんように
 100年たっても キルルがぼくのことわすれませんように」
痛いほどぼくの気持ちが伝わってきます。
丸まって寝ていたり、小さな火をふいてみたり、ぼくの手のひらにのってみたり。
私だって絵本の中のキルルに夢中です。ふと隣を見れば、6歳になる息子も同じ目でキルルを見つめています。
絵本を開けばキルルに会える。それだけで、この絵本が宝物になってしまいそうです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ふでばこのなかのキルル

出版社からの紹介

おじいちゃんのふでばこの中にいた
へんてこないきもの・キルル。

ぼくとキルルの楽しい日々は永遠だと思ってたけど…。
50年たっても、100年たっても
キルルがぼくのことを忘れませんように。

少年と小さな“りゅう”の
出会いと別れが胸に迫る感動作。

ベストレビュー

じわっといいです

ずっと机の引き出しにいれたままだった
おじいちゃんがくれた藁で編んだふでばこ。

キルルキルルって小さな声に気づいてみつけた
へんてこな生き物。

赤い目玉で、キルルって鳴く、トカゲみたいな生き物。
大きなあくびをした後で、小さな火を吹いたので、
もしかして・・・龍?ってぼくは思います。

でも、図鑑の龍は「珠をもっている」のに、キルルは持っていない。

ふでばこをくれたおじいちゃんに、聞いてみたら。

とかげじゃろ?

おじいちゃんがそう言ったら、キルルが悲しそうに鳴いた。

でも、このキルル。
おじいちゃんとある約束をしていたために、
ふでばこの中にいたんです。

「50年経ったら思い出す」

キルルとの出会い、そしてどうしてふでばこにいたのか。
おじいちゃんは思い出して、泣きながら
ぼくとキルルに話してくれます。

「ぼく」が誰かにはなしているような、
一人でつぶやいているような文体で、
じんわりと染みるようなとってもいいお話でした。

松成さんの「じいじのさくら山」も、ぐぐっときます。
兄ちゃんが幼稚園生時代に読み聞かせをされたかたがいて、
聞いていて、思わず泣きそうになりました。

派手ではないけど、じわ〜っとします。

ちょ〜っと疲れた大人にもいいかもしれません。
(わにぼうさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松成 真理子さんのその他の作品

竹とんぼ / きつねみちは、天のみち / 雨ニモマケズ / 紙芝居 にげだしたポケット / ふしぎねこりん丸 / るいくんとおばけくん



『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

ふでばこのなかのキルル

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット