だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
ベッツィーとテイシイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ベッツィーとテイシイ

作: モード・ハート・ラブレイス
訳: 恩地三保子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,262 +税

「ベッツィーとテイシイ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

友だちっていいなあ

お友だちがほしかったベッツィーのお向かいにテイシイの一家が引っ越して来ました。

子どもたちが親しくなるまで、相手が恥ずかしがり屋だとそう簡単にはいかないものなのかもしれませんが、でも仲良しになってしまえばあっという間に深まってしまうものなのかもしれないなあと思いました。

大家族の時代には、家族の誰かが亡くなるということも自然な流れの中で受け入れられていくものなのかなと、さらっとそんなことが出てくる辺りに驚きを感じました。

二人が小学校に上がるところも描かれているので小学一年生ぐらいのお子さんに読み聞かせするのにちょうどよさそうな内容だと思います。

主人公が女の子なので女の子の方が共感できそうなお話かもしれません。

息子が三年生なのでもう少し早く読み聞かせできたらよかったのにと思いました。

大人もアンテナを張っておいて子どもが適切な年齢に児童書に出会えるようにしてあげられたらといいのにと思いました。

絵が山脇百合子さんなので、子どもたちも親しみを持って迎えてくれそうな児童書だと思います。

読んでいると友だちっていいものだなと思えます。

また、子どもの遊びに大人がまじめに相手をしてくれる辺りもいいなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

出版社おすすめ


恩地三保子さんのその他の作品

福音館文庫 農場の少年 インガルス一家の物語(5) / 福音館文庫 シルバー・レイクの岸辺で インガルス一家の物語(4) / 福音館文庫 プラム・クリークの土手で インガルス一家の物語(3) / 福音館文庫 大草原の小さな家 インガルス一家の物語(2) / 福音館文庫 大きな森の小さな家 インガルス一家の物語(1) / 偕成社文庫 あしながおじさん



風変りで美しい表現方法がたくさん!

ベッツィーとテイシイ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット