だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
きしらまゆこののりものしかけえほん ヘリコプターくんうみをいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きしらまゆこののりものしかけえほん ヘリコプターくんうみをいく

作・絵: きしら まゆこ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784893259134

25×25p 24頁

出版社からの紹介

「きしらまゆこの のりものしかけえほん」シリーズ、第1弾!

プロペラを回し続けて、飛ぶのに疲れてしまったヘリコプターくん。
気持ちよさそうに海の上を走っているヨットさんにいいました。「ヨットさんの帆とぼくのプロペラを交換してくれない?」
ヨットさんの帆をつけたヘリコプターくんは「らくちんらくちん。」風をうけて楽しく走っていましたが…。
ユーモアあふれる乗り物しかけ絵本です。
型抜きページはもちろん、本を回転させて目が回るように見せたり、転覆シーンでは画面がさかさまだったり、絵本ならではの遊びが、ふんだんに盛り込まれたお話です。

きしらまゆこののりものしかけえほん ヘリコプターくんうみをいく

ベストレビュー

隣の芝は青いんだな

4歳長女のためにパパが選んだ絵本です。乗り物はそんなにすきではないのにな・・・と思いながらいましたが、かなりの食いつきでした。

ヘリコプターくんが、ヨットさんに「きみの帆とぼくのプロペラをちょっとだけ交換してくれない?」と頼みます。「ヨットさんは楽そうだから」と言う理由からでした。でも、交換すると大変なことが。

やっぱり見てるだけでは分からない、その立場になって初めてわかることってたくさんあるもんです。それが、娘にわかりやすかったようです。しかけもついていて楽しめました。

たまにはパパに選んでもらう絵本もいいものです。自分の好みに隔たりがちだったのですが、これからは女の子だということに縛られず、いろんな分野の絵本を読ませてあげたいと思いました。女の子も楽しめる絵本です。
(きーちゃんママさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きしら まゆこさんのその他の作品

はい チーズ! / ピピとキキの もちつきぺったん / しょうぶだ!! / 腸管出血性大腸菌 O157のベロ / きしらまゆこののりものしかけえほん タイヤがパーン / 7にんの こぐも



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

きしらまゆこののりものしかけえほん ヘリコプターくんうみをいく

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット