だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
にこちゃんとぷんぷんまる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にこちゃんとぷんぷんまる

作・絵: 真珠 まりこ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

「にこちゃんとぷんぷんまる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784893259165

22×19p 24頁

出版社からの紹介

「もったいないばあさん」や「おべんとうバス」でおなじみ、真珠まりこの新刊登場!

にこちゃんは、いつもにこにこ。ぷんぷんまるは、いつもぷんぷん。
でも、ぷんぷんまるが怒ってばかりなので、にこちゃんの目から涙がぽろぽろ。
ぷんぷんまるが「泣くな、笑え。」といったら「悲しくて、笑えないの。」にこちゃんの目に、ますます涙があふれてきました。
困ってしまったぷんぷんまる。どうやってにこちゃんをにこにこ笑顔にさせたのかな?

にこちゃんとぷんぷんまるは、大事な友達同士。そんな主人公たちの気持ちが、素直な幼児の心に届く絵本です。

にこちゃんとぷんぷんまる

ベストレビュー

ぷんぷん

いつも怒ってばかりの「ぷんぷんまる」。
ぷんぷんまると話していると、自分が怒られているような気になりますよね・・・
にこちゃんが、泣いたのも当然だと思います。
そんなとき、ぷんぷんまるがやったこととは?
「変顔」!!
ぷんぷんまるの、不器用な優しさが見られたと思いました。
(なしなしなしさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


真珠 まりこさんのその他の作品

もったいないばあさんの知恵袋 / かまくらレストラン / おたからパン / もったいないばあさんの てんごくと じごくのはなし / イカになあれ / ぽんぽん



すべてのおとなとこどもに贈ります

にこちゃんとぷんぷんまる

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット