たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
きつねがひろったグリム童話 1 漁師とおかみさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きつねがひろったグリム童話 1 漁師とおかみさん

  • 絵本
作・絵: 安野 光雅
訳: 池内 紀
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,408 +税

「きつねがひろったグリム童話 1 漁師とおかみさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1991年10月01日
ISBN: 9784001106107

きつねがひろったグリム童話 1

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

きつねの子が「漁師とおかみさん」という本をひろって、さっそく読んでもらいました。グリム童話(池内紀訳)のはずですが、父さんぎつねが勝手に作ったお話は、どうやら日本のおとぎ話に似てきました。

ベストレビュー

一つの絵本で二つのお話が楽しめる

副題に「きつねがひろったグリム童話」とあります。
つまり、コン君というキツネの子が、森のはずれで本を拾ってきて、とうさんに読んでもらうんです。でも、とうさんキツネは、人間の字が読めないので、一度だけという約束で、自分の作ったでたらめのお話を読んでやります。
というわけで、上に本来のグリム童話が書かれ、下にとうさんキツネの作ったお話が書かれ、一つの絵本で二つのお話が楽しめるというしくみになっています。

上のグリム童話は、欲張りなおかみさんのお話。下のとうさんキツネの作ったのは、竜宮城のおとひめ様を人間界に招待しようというお話で、どちらも人間のエゴが書かれてて、決して感動するとか、ほのぼのするとかそういう話ではありませんが・・・。

発想のおもしろさと、「旅の絵本」で有名な安野光雅さんの絵を楽しめる点、最後の「コン君は、お話なんかどうでもよかったんです。とうさんにだかれて、耳もとでとうさんの声がしていれば、それだけで、よかったんです。」という文章が気に入りました。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

安野 光雅さんのその他の作品

森のプレゼント / 大きな森の小さな家 / マッチの気もち / 6月31日6時30分 / 空想工房の絵本 / Eraser けしゴム

池内 紀さんのその他の作品

アデレード そらとぶカンガルーのおはなし  / 鼻のこびと / ミヒャエル・エンデの本 レンヒェンのひみつ / 灰かぶり姫



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

きつねがひろったグリム童話 1 漁師とおかみさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット