ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
角川つばさ文庫 こぐまのクーク物語(1) 春と夏
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

角川つばさ文庫 こぐまのクーク物語(1) 春と夏

  • 児童書
作・絵: かさい まり
出版社: 株式会社KADOKAWA

本体価格: ¥580 +税

「角川つばさ文庫 こぐまのクーク物語(1) 春と夏」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784046310514

小学初級から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

北の森に、クークはくらしています。クークの家は、『森のキッチン』というレストラン。“オレンジミルク”や“ぱりぱりパン”“ぷるるんたまごのスープごはん”。おいしくて、みんな、大好き!友だちと、いっぱい遊び、けんかをしたり、なかなおりしたり。ホタルの光や鳥の巣立ち、ゆたかな森での、出会いの毎日。クークの料理の作り方もついてるよ。

ベストレビュー

低学年の子におすすめ

友達との別れ、友達とのはじめてのけんか、仲直り等々がまっすぐな性格のこぐまクークの視点で語られています。
幼稚園の子の読み聞かせにいいかも、とも思いましたが、小学生からくらいのほうがお話が分かるかな?心のあなとか、自分の子ども(4歳0ヶ月)にはまだちょっとよくわからないだろうなと思いました。お話によっては幼児でも大丈夫そうなお話もありますが。
絵もお話もやさしくていい本だと思いました!自分の子どもが大きくなったら、シリーズですすめてみようと思います。
低学年の子にぴったりでは?漢字にはルビがふられていますので、一人読みも。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かさい まりさんのその他の作品

えらいこっちゃのようちえん / かあちゃん えほんよんで / くれよんがおれたとき / 角川つばさ文庫 こぐまのクーク物語(9) フルーツまつり / きみはぼくだね / 角川つばさ文庫 こぐまのクーク物語(8) 森のレストラン



双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

角川つばさ文庫 こぐまのクーク物語(1) 春と夏

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット