だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
きかんしゃトーマスのテレビえほんシリーズ4 いだいなエドワード
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きかんしゃトーマスのテレビえほんシリーズ4 いだいなエドワード

作: ウィルバート・オードリー
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784591119495

2歳〜5歳
17.5cm x 11.5cm 25ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

エドワードは他の機関車のことを後ろから押してあげるのが得意です。でも、だいぶ古くなったので、リタイアの噂も立ち始め・・・。

ベストレビュー

うさぎとかめ

自分に自信のもてないエドワードが、とても大きくて速いスペンサーと競争をするお話です。
1歳4カ月の息子にはまだ難しいのですが、電車が好きで、自ら選んだ一冊なので読み聞かせることに。
理解できているかは分かりませんが、スペンサーが走り去っていく場面などは「いっちゃったー」と心配そうですし、スペンサーが居眠りをする場面では、「あ、あ、」と反応します。
長い文章も辛抱強く聞いていて、何度も読んでと持ってくるので、お気に入りの様子です。
うさぎとかめの展開で、最後にはエドワードが自信をつけるといういいお話なので、もう少し大きくなったらまた読んであげたいです。
(はりー隊長さん 30代・ママ 男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウィルバート・オードリーさんのその他の作品

ARゲームであそべる!きかんしゃトーマスとなかまたち / かげえであそぼう! 音がでるトーマスのフラッシュライトえほん / 紙芝居 とくべつなプレゼント / 紙芝居 トーマスとしゃしん / 紙芝居 ピンクのジェームス / 紙芝居 ゆきのひの できごと



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

きかんしゃトーマスのテレビえほんシリーズ4 いだいなエドワード

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット