モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
今日からはじめるブックトーク
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

今日からはじめるブックトーク


出版社: 少年写真新聞社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

ブックトークをやってみよう!

絵本ナビで紹介するのが適当かどうかわからないのですが、小学校で読み聞かせをされている方も多いでしょうし、これだけ丁寧に「ブックトーク」について書かれた本はないと思うので、取り上げることにしました。

ブックトークとは「あるテーマを軸に数冊の本を順序立てて紹介すること」です。そして、その目的は「子どもに本に対する興味を持たせ読書のきっかけ作りをすることです。」

例えば、テーマが「おいしいもの大好き!」のときには、この本の著者である司書教諭は、『ゼラルダと人喰い鬼』や『ざぼんじいさんのかきのき』、『ねずみのとうさんアナトール』ほか数冊の絵本を選んでいます。

低・中・高学年のグループ毎に、全部で21テーマが用意されています。
小学校で読み聞かせをやられている方などには、テーマ毎にどのような本が紹介されているか、参考にするだけでも一読の価値があると思います。(ざっと数えて、300弱の本が紹介されていると思います。)

授業の流れに沿いながら、「ブックトーク」の指導方法をわかりやすく解説しているので、ブックトークをやってみたいと思っていた方にはピッタリの本です。
(はしのさん 40代・パパ 男の子15歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。



ハッピーなおやすみのえほん!

今日からはじめるブックトーク

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット