しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
よめたよ、リトル先生
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よめたよ、リトル先生

  • 絵本
作: ダグラス・ウッド
絵: ジム・バーク
訳: 品川 裕香
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784265068272

小学校低学年向け
B4変型判 29.5×22.5
32頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ADHDで字が読めなかったダグラス少年が、リトル先生の粘り強い指導のおかげで読めるようになり、今では作家として活躍するまでになった、著者の自伝的感動物語。

ベストレビュー

ぜひ、教育者の方にも読んでほしい1冊

2010年7月と、わりと最近出た絵本です。
ちょっとびっくりしたのが、出版社からのお薦めの年齢が小学校低学年〜と、いうところです。
主人公の少年(作者の幼少時代)は確かに小学校の低学年のようですが、ADHD(注意欠陥障害)を持つ子どもの話を、低学年の子に理解してもらうというのは難しいように思います。

今は、日本のほとんどの学校に「特殊学級」があり、重度のお子さんから軽度のお子さんまで、ご両親や地域の考え方によって、普通の公立の小学校で勉強していますので、小学生のお子さんでも
周囲を見渡せば、主人公・ダグラスみたいな子はきっと一人や二人いると思います。
でも、低学年のお子さんに、彼らの思いや悩みを感じたり考えたりすることは難しく、「ただのうるさい子」「できない子」としてしか見えないような気がします。

ですから、この絵本はぜひとも、そういうことも含めて理解できるようになる年頃の小学校高学年以上のお子さんに!
読み語ったり、ブックトークしたりしていきたいです。

作品自体はとても素敵な、素晴らしいものです。
絵本の作中に出てくる「ちいさな島(原文『The Little Island』)」は、自分自身つい最近読んだばかりだったので、読んだページがダグラスと一緒にリアルに目に浮かんできて、ワクワクしました。

ぜひ、たくさんのお子さん、
そして教育者の方に読んでいただきたい1冊です。
いろいろな発達障害を持つお子さんは、周囲の大人の理解と、認識と努力で人生が大きく変わるのだと、改めて分かりました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ダグラス・ウッドさんのその他の作品

おじいちゃんと森へ

品川 裕香さんのその他の作品

ボクはじっとできない 自分で解決法をみつけたADHDの男の子のはなし / いじめない力、いじめられない力 「脱いじめ」ワークブック付 / 算数の天才なのに計算ができない男の子のはなし / どうしてダブってみえちゃうの? / 怠けてなんかない! / 怠けてなんかない。 セカンドシーズン



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

よめたよ、リトル先生

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット