ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
わくわく でんしゃ しゅっぱつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わくわく でんしゃ しゅっぱつ

  • 絵本
作: 視覚デザイン研究所
絵: くにすえ たくし
出版社: 視覚デザイン研究所

本体価格: ¥1,200 +税

「わくわく でんしゃ しゅっぱつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784881082164

ひとりでよむなら2さい〜
いっしょによむなら5さい〜
24.0cm×24.0cm 24P

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

けんたとお母さんは電車に乗って山のおじさんのうちへ遊びに行きます。
踏切を越え、ターミナル駅でおやつを買って、連結したディーゼル機関車でトンネルを抜けると・・・
わくわくとページをめくる電車の旅の出発です。

ベストレビュー

よくできている

こども向けの電車の本なのですが、とにかくよくできている。
登場人物はすべて動物だけど、景色や遠近感、ちゃんと正確に描いているなぁと感心します。緻密すぎて見にくいわけでもないです。
風景画のように余白なくページ全面に絵が描かれています。

ストーリーはママとケンタくんが電車でお出かけするシンプルなもの。
書かれている文章だけだとすぐに読めてしまうけど、子どもは描かれている様々な景色に目を輝かせていました。

田舎の方へいくにつれ景色が変わっていくのも見事です。
「ばぁちゃんちいくときとおなじだね」と笑顔の息子です。

そして遠くの景色の中に水族館があってイルカショーが見えたり・・・
(あ、あんまり書かないほうがいいかな??)

なんどもなんども楽しめる絵本です。
息子は電車好きとゆうわけではありませんが、遮断機と
レールの終わり部分(くねってしてるとこ)が大好きなので
ちゃんと描かれているこの絵本がお気に入入りです。

電車好きなお子さんには特におすすめ。
(ともさん。さん 20代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


視覚デザイン研究所さんのその他の作品

かずとすうじの でんしゃ じてん / あいうえおでんしゃじてん / しんかんせん で ゴーッ / しんかんせんでビューン / おべんとうめしあがれ / ほしぞら でんしゃ りゅうせいごう

くにすえ たくしさんのその他の作品

いこうよ ともだち でんしゃ / のりたいな でんしゃ とくべつごう / ダンダン こうじ はじまります / ファンファン バス はっしゃします / カンカン しょうぼうしゃ しゅつどう



死んでおばけになったおじいちゃんの忘れものとは…?

わくわく でんしゃ しゅっぱつ

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.2

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット