だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
わたしのママはしずかさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしのママはしずかさん

絵: 小谷 あかね
著: 角野 栄子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年03月
ISBN: 9784037270209

22cm×16cm

出版社からの紹介

リコのママしずかさんは、おっちょこちょいであわてん坊・・・。あかるい笑いに満ちたユニークな児童文学。

ベストレビュー

のんびりしたお母さん

リコのおかあさんは、しずかさん。お父さんはケンタ氏。

変な呼び方をしますよね。

でも、そのとおりで家庭もなんだか風変り。よそのお母さんは六年生に対して、気を遣って静かにしたり、夜食を持ってくるのに、とリコに言われて、とりあえずわざとなのか、お化けのように夜中にこっそりプリンをもっていってみたり、なんだか面白い。こんな感じならきと受験でもほんわかしてしまう感じです。

他にも、ちょっと何か言われたら、あなたは拾ってきた子よ、と言ってみたり。

しずかさん、こんなのでいいのかね、、、。

でも、独特の雰囲気で面白い家庭でした。短編がいくつか入っています。
(えみりん12さん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

角野 栄子さんのその他の作品

魔女の宅急便 特別編 キキに出会った人びと / おばけのアッチ パン・パン・パンケーキ / ねむりひめ / ポプラ世界名作童話(8) 長くつしたのピッピ / 角野栄子さんと子どもの本の話をしよう / トンネルの森 1945

小谷 あかねさんのその他の作品

わたしのパパはケンタ氏



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

わたしのママはしずかさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット