庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
りかさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りかさん

作: 梨木 香歩
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年12月
ISBN: 9784037444204

中学生から
19cm×14cm 228ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

さまざまな人形たちの語る、封印された過去の記憶とは?
人形たちとようこの間をつないでくれる、不思議な人形「りかさん」とは?

ベストレビュー

異なる存在を信じられる子に

異なる存在を認める。
そうやって成長していく女の子のおはなし。

お雛様が入り婿だとか、それで男雛がマスオさん状態だとか、お人形事情がおもしろい。
日米親善大使の人形のところでは泣きました。感動とか簡単な言葉で片づけられない、心の奥深くに沈み込んでゆくようなお話です。
自分のお雛様が大好きな人、抱き人形と心を通わせた経験のある人、草木染め遊びの経験がある人、読んでみて下さい。大人になればなるほど深く読めると思います。

私はおばあちゃんが作ってくれた、木目込みの七段飾りが大好きです。
決して高価な物ではないけれど、ほほえんだ優しいお顔の自分のお雛様が大好きでした。
そして緋毛氈で隠された段の後ろは秘密基地で、女雛の結婚道具でおままごとしたくてしたくてウズウズしたもんです。
きっと私だけではないと思います。みんな自分のお雛様が好きで、そして楽しい節句の思い出があるんだと思います。そんな女心をくすぐりつつも読ませて泣かせる1冊。

高学年からどうでしょう。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

梨木 香歩さんのその他の作品

岸辺のヤービ / 僕は、そして僕たちはどう生きるか / エンジェルエンジェルエンジェル / 家守綺譚 / 蟹塚縁起 / ワニ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

りかさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット