すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
リクエストは星の話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リクエストは星の話

作・絵: 岡田 淳
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1983年12月
ISBN: 9784035300205

小学中級から
A5判 22cm×16cm

出版社からの紹介

ファンタジー、ナンセンスなどさまざまなタイプの話を、
星という係数でひとつにまとめたユニークな感覚の異色連作。

ベストレビュー

あいつの話がいちばん寂しい

星の話が4つおさめられています。
「あいつ」のために「ぼく」が話したものが3つ。
そうして最後に「あいつ」の星の話。
星って、とってもロマンチックで、星座の話も
たくさんあるわけですけれど、この本に登場する
話はちょっと趣が違います。「ほんものでない星が
でてくるほんとうの話」とかね。
どれもこれも素敵でしたが、でも、あいつの話は
寂しかったなあ。
星は物語になりやすいのかもしれません。
私も「自分のための星の話」を作ってみたくなりました。
(ぽこさんママさん 50代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。

岡田 淳さんのその他の作品

こそあどの森の物語(12) 水の森の秘密 / 森の石と空飛ぶ船 / きかせたがりやの魔女 / わすれものの森 / そこから逃げだす魔法のことば / カメレオンのレオン 小学校の秘密の通路



『やさいのがっこう ピーマンくんゆめをみる』 なかやみわさんインタビュー

リクエストは星の話

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット