庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
キンコンカンせんそう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

キンコンカンせんそう

作: ジャンニ・ロダーリ
絵: ペフ
訳: アーサー・ビナード
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010/08/06
ISBN: 9784061324336

出版社からの紹介

イタリア児童文学の巨星ロダーリが贈る反戦絵本
戦争をおしすすめる将軍たちは、教会の鐘まで兵器にしてしまいます。ところが……。人間の愚かな行為を、ユーモアをもって戒める絵本。

ベストレビュー

武器にされた「鐘」が戦争を止める。

作者はイタリアの児童文学作家のしてメジャーな人で、
イラストはフランスの多彩な経歴を持つ「ぺフ」さんです。
ぺフさんの丸々と太っただるまのような姿の兵隊たちの描き方が面白いです。

絵本の表現として面白いなぁと思ったのは、
ボンボーネ・バクレッツォーネ・フニャラロッシー大将の部隊と
バンバーネ・ヘキラッツァーネ・ホニャラロッソー大将の舞台の平服が全く同じ柄で、ほんの少し色が違うだけ。というところ。
あえてどちらもよく似ているのに、その『ほんの少し違うところ』で争っていたのかな〜と、推測しました。

人はなぜ、他人と違う何かで優劣を決めたり、争ったりするのでしょう?
この絵本では戦争の武器を作るための銅がなくなり、国中の鐘という鐘を溶かして武器を作ったというくだりがありますが、これは実際の戦争の時にもあることなので、妙な説得力を感じました。
それでいて、絵の感じがホニャララしたちょっと間抜けなキャラクタ-たちなので戦時中の重々しい空気はありませんでした。
この作品なら、学校の朝読書の時の読み聞かせで使っても、お話を聞いた子どもたちが1日楽しい気分で過ごせそうです。

「戦争を(武器として溶かされた)鐘たちが止める」という話と、同じような発想の絵本がロシアの古い作品にあります。
『みどり色のつりがね』こちらはずっしりと重たい作風ですが、やはり軍の偉い人たちだけが得をする戦争の虚しさみたいなものを描いてくれている良質の作品で、お話会などでよく紹介されています。

気質は違いますが、「キンコンカンせんそう」と似ている部分も多いので、読み聞かせなどのグループに所属している方でしたら、読み比べてみるのも面白いかもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジャンニ・ロダーリさんのその他の作品

ゼロくんのかち / 岩波少年文庫 兵士のハーモニカ ロダーリ童話集 / 岩波少年文庫 チポリーノの冒険 / 岩波少年文庫 青矢号 おもちゃの夜行列車  / 空にうかんだ大きなケーキ / だれもがはいれる家

アーサー・ビナードさんのその他の作品

いちばんのなかよしさん / すばらしい みんな / えを かく かく かく / 雨ニモマケズ Rain Won’t / かいぞくゴックン / プレッツェルのはじまり



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

キンコンカンせんそう

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット