雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
七つめの絵の具
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

七つめの絵の具

作・絵: いせひでこ
出版社: 平凡社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年06月
ISBN: 9784582834758

200頁

出版社からの紹介

『ルリユールおじさん』や『あの路』、感動的な絵本を発表し続ける画家いせひでこさんの、この20年間に綴ったエッセイを一冊にまとめました。文章による丸ごと、いせひでこワールド!

ベストレビュー

いせひでこさんのエッセイ集

いせひでこさんがこれまでいろいろなところに発表されたものを集めたエッセイ集です。

絵本作家さんは作品でしか人となりが感じられず、どんな人なのかを知る機会が少ないのが非常にさびしく思っていました。

図書館でこの本を見つけて読んでみたくなりました。

青い装丁も目を惹きました。いせひでこさんの本なのでどこかにイラストでもあっても不思議ではないのに、ここには絵はありません。

特に「こわす」という題で書かれた創作のこと。

>こわす――創作とは半分こわすことだ、と常に思う。
という言葉が非常に印象に残りました。

子ども時代のこと、チェロのこと、創作の裏側など非常に興味深かったです。

飾り気のない人となりが感じられました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いせひでこさんのその他の作品

グレイのものがたり / ねぇ、しってる? / はちみつ / 幼い子は微笑む / おさびし山のさくらの木 / わたしの木、こころの木



初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

七つめの絵の具

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット