モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
すずの兵隊
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すずの兵隊

  • 絵本
原作: ハンス・クリスチャン・アンデルセン
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,359 +税

「すずの兵隊」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

すずの兵隊の恋心

久しぶりにアンゼルセンのお話を読みました

すずの兵隊は、一本のすずのスプーンから生まれました 25人の中の最後の兵隊は 足が一本 最後に作られたから すずがたりなかったのです

その兵隊は、足が一本のバレリーナの女の子に恋するのです(自分と同じ足が一本・・・ぼくのおよめさんだぞ)

なんと トロールに4階から落とされてそこから いろんな怖い体験をするのです
ドラマチックでおもしろいのでお話の世界に引き込まれました
絵はモニカ・レイグルーバーさんで彼女の第一作目の絵だそうですとてもきれいで おもしろい図案が背景にあったり アートの世界を楽しめます。

お話は読んでのお楽しみですが、最後はハッピーエンドではなく、ストーブの中で焼かれてしまうのですが 兵隊さんはハートの形のかたまりに、バレリーナの女の子は、金のむねかざりがのこり それも真っ黒に焦げていたのでした。
こんな締めくくりですが、すずの兵隊さんの恋心と体験が心に残りました。

アンゼルセンのお話を久しぶりに読んでやはり すごいな〜!かんどうしますね!!
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ


ハンス・クリスチャン・アンデルセンさんのその他の作品

雪の女王 / 雪の女王 / 雪の女王 / アンデルセン童話全集 (3) / モミの木 / アンデルセンのきらめくポップアップ絵本 雪の女王



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

すずの兵隊

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット