モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
海と灯台の本
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

海と灯台の本

作: マヤコフスキー 文
絵: ポクロフスキー
訳: 松谷 さやか
出版社: 新教出版社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784400750024

A4判 24ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

子どもたちよ 灯台のようであれ!
くらやみで 航海できない人たちのために 明りで 行く手を 照らすのだ!

20世紀ロシアを代表する革命詩人が、悲劇的な自殺をとげる4年前、子どもたちへ、あたかも遺言のようにして託した希望のメッセージ。
1920年代のソビエト絵本の黄金期を代表する傑作が、世界的にも貴重な初版本をもとに、初めての日本語版として実現。
ロシア文学者亀山郁夫氏、絵本研究家・JBBY会長島多代氏が巻末エッセイを寄稿。

亀山郁夫氏の巻末エッセイより
思えば、ウラジーミル・マヤコフスキーほど、20世紀ロシアの歴史が歩んだ矛盾を象徴する名前はない。1930年4月、「灯台」は自殺によってみずから光を消し去り、その60年余の歳月を経た1991年、「理想社会」の歴史は幕を閉じた。しかしこの事実をもってしても、マヤコフスキーがこの絵本に託したメッセージが色あせることはない。なぜなら、献身や自己犠牲の精神こそは、時代や国境を越え、すべての人間が共有すべき、もっとも大切な人間的価値であり、かつまた人間であることのもっとも気高い証だからである。

ベストレビュー

貴重な初版本の表紙絵が扉絵に!

色々な絵本を見てきて、特に自分はロシアや、北欧のお話に心惹かれることが多いな。と、思うようになりました。
この絵本もすごいですね。
何より、表紙絵がインパクトあります。
しかも、扉絵(表紙とはまた別の灯台のイラスト)は、貴重な初版本の表紙だったそうです!!

内容で具体的には何も触れていませんが、
戦争や革命に翻弄される時代の心の叫びのようなものが、見え隠れする文章でした。

特に最後の言葉が心に残りました。
「子どもたちよ
 灯台のようであれ!
 くらやみで 航海できない人たちのために
 明りで 行く手を 照らすのだ!」
この言葉は、どの国のどの時代にもいえることでは……。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 さやかさんのその他の作品

イワーシェチカと白い鳥 / うっかりもののまほうつかい / なにに なろうかな? / ことりのゆうびんやさん / イグアノドンとちいさなともだち / こぐまを びっくりさせたのは だれ?



2つの写真のまちがいをさがそう

海と灯台の本

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット