ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
獣の奏者(4) 完結編
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

獣の奏者(4) 完結編

  • 児童書
作・絵: 上橋 菜穂子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年08月
ISBN: 9784062156332

ページ数:428

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

王獣たちを武器に変えるために、ひたすら訓練をくりかえすエリン。――けっしてすまいと思っていたすべてを、エリンは自らの意志で行なっていく。はるか東方の隊商都市群の領有権をめぐって、激化していくラーザとの戦の中で、王獣たちを解き放ち、夫と息子と穏やかに暮したいと願う、エリンの思いは叶うのか。王獣が天に舞い、闘蛇が地をおおい、<災い>が、ついにその正体を明かすとき、物語は大いなる結末を迎える。

ベストレビュー

意外な結末

人もそうですが獣も、自分らしい素のままで生きていけるようだったら良いなと思います。獣を人が操ろうだとは思いあがった考えですよね。これを読んで本当にそう思います。ジェの話の謎がやっとこれで解き明かされますが、そういうことがなくても、獣も人もあるがままに生きたらいいというのは真実のように思います。

素晴らしくて泣けてしまう作品。

娘が育ったらぜひ読ませたいです。

でも、エンディング、とても悲しくて意外でした。エリンはずっと生き残ると思ったんですけどね。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

上橋 菜穂子さんのその他の作品

増補改訂版 「守り人」のすべて / 軽装版 炎路を行く者 ―守り人作品集― / 鹿の王 上 / 鹿の王 下 / 明日は、いずこの空の下 / 物語ること、生きること



ハッピーなおやすみのえほん!

獣の奏者(4) 完結編

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット