しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 へようこそ♪
シニガミさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シニガミさん

  • 絵本
作・絵: 宮西 達也
出版社: えほんの杜

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥952 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784904188095

210o×257o・32ページ

5〜6歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


宮西達也さん×カナガキ事務局長スペシャル対談!

えほんの杜 秋の新刊レビューまつり
お待たせしました。結果発表!

出版社からの紹介

腹ペコオオカミは、ある日、
森で病気のコブタを見つけます。
すぐに食べようとしたけれど、
コブタが元気になってから…と
オオカミは自分の家に連れ帰り、
看病を始めます。

そんな2匹の近くには
彼らを見つめる
シニガミさんがいたんです――。

命の尊さ、人との関わりの大切さを伝える作品
ハラハラドキドキ、最後にホロリ…、
宮西達也先生の真骨頂が十二分に味わえます!

シニガミさん

ベストレビュー

子どもだからこそ贈りたいです。

中学生くらいの子どもたちの会話を聞いていると、いとも簡単に「死ね」という言葉が出てきてびっくりします。私にとって“死”とは簡単に口に出せない言葉なのです。
遊びのように「死ね」と口走る子どもたち、テレビではお笑いタレントがネタとして「死ねばいいのに」・・・
みんな本当にその言葉の重さをわかって言っているんだろうか?
西宮さんのお話は、生きること、死ぬこと、愛すること、そういう本当はとっても怖いけれど
本当の意味でわかっている必要があることを、小さな子どもたちにわかりやすい言葉と絵で表現されていて感心します。
こういうお話にたくさん触れることでいろいろな思いを疑似体験していくことは、子どもの心の成長のための栄養になっていくと思うのです。
そして大人の私たちにも普段忘れていたことを思い出させてくれる。そんなお話だとおもいました。
(ねむこさん 40代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

宮西 達也さんのその他の作品

さるとびすすけ 愛とお金とゴキZのまき / ヒヒヒヒヒ うまそう / またまた さんせーい! / かいてみよう カタカナ (2) / ほうちょうさん ききいっぱつ / はじめてのおとうさんはウルトラマン



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)




全ページためしよみ
年齢別絵本セット