ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
学習漫画 世界の伝記 キュリー夫人 ラジウムを発見した科学者
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

学習漫画 世界の伝記 キュリー夫人 ラジウムを発見した科学者


出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1989年09月
ISBN: 9784082400064

菊判 144ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

放射線を研究し、物理学と科学の分野で二度のノーベル賞に輝いた科学者。強い意志と熱い情熱で多くの困難を乗りこえた努力の人。

ベストレビュー

放射能

息子が最近はまって読んでいるシリーズです。
つられて私も読んでみたのですが、漫画で紹介されているので、
読みやすいですし、とてもわかりやすいですね。

フルカラーではありませんが、ところどころで頻繁に
カラーページが盛り込まれていて、白黒のページの方が
少ないぐらいで、贅沢な感じがしました。

恥ずかしながらキュリー夫人のことは、名前は知っているものの、
どんな偉大なことをやり遂げた人なのか知りませんでしたが、
これを読んで、やっと知ることが出来ました。

子どもの頃から物覚えが早かったキュリー夫人。
科学の面白さに目覚め、ご飯を食べることも忘れて実験を続けたり、
結婚しても夫婦で実験を続けた経緯、そしてラジウムを発見するわけですが、
まさかキュリー夫人が放射能の研究にこんなに力を注いでいたとは
知りませんでした。死因も、放射能を浴び続けたことによる白血病
だったんですね。

こんな風に命懸けで研究し続けた人がいるからこそ、今があるんだなと
感じられる一冊です。放射能の影響で騒がれている今だからこそ、
余計にも実感するのかもしれません。

難しい言葉の解説はもちろんのこと、要所に実際の写真なども
盛り込まれていて、色んな情報を得ることが出来る良書だと思います。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




2歳からの日本語エンターテイメント第2弾は、つけたし+

学習漫画 世界の伝記 キュリー夫人 ラジウムを発見した科学者

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット