貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
かわ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かわ

  • 絵本
作・絵: 鈴木 のりたけ
出版社: 幻冬舎

在庫あり

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784344018679

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

山に雨が降り、岩場をくだる水が小さな流れになる。小さな流れがより低い場所へと集まって、大きな流れが生まれる…。日本のかわの豊かさと、そこに住む145種の生き物たちを、水と魚の視点で紹介した絵本。

山に雨が降り、岩場をくだる水が小さな流れになる。小さな流れがより低い場所へと集まって、大きな流れが生まれる…。日本のかわの豊かさと、そこに住む145種の生き物たちを、水と魚の視点で紹介した絵本。

ベストレビュー

図鑑を超えた絵本

次男の参考書を見ると、川のところでは、上流、中流、下流の説明があって、流れが速いとか、川幅がどうのとかのコメントがあります。
でも、そんなことよりも、この絵本を読んだ方がどれだけためになるか分かりません。

まず、その構成が秀逸です。
源流、
渓流、
上流、
中流、
里川、
湖、
池、
沼、
用水路、
田んぼ、
下流、
河口、
と見開きで続き、「海にでました」と広い海を描いています。
その海では、ボラがジャンプしているという芸も細かいもの。

それぞれのどのページも、水面下の様子が手に取るように分かります。
NHKの良質な自然科学のドキュメンタリー番組を、見ているような錯覚に陥ってしまいました。
特に良いのは、水面下だけでなく、陸上の様子も合わせて描いていること。
陸上の人物像は、少しばかりデフォルメが効いているのも、遊びがあって巧みだと思います。

どんな図鑑を見るよりも、役立つし子供の興味を引き出すこと間違いありません。
これで、1300円という値段は、充分に元が取れるはず。
小学生の社会・理科の学習教材としても、オススメします。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!

鈴木 のりたけさんのその他の作品

おでこはめえほん(1) けっこんしき / 続・10歳の質問箱 なやみちゃん、絶体絶命! / ぼくとばく / すなばばば / おつかい おねがい! おつかいくん / とんでもない



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

かわ

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット