ねがえり ごろん ねがえり ごろん ねがえり ごろんの試し読みができます!
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
学習漫画 世界の伝記 マザー・テレサ 貧しい人のために生涯をささげた聖女
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

学習漫画 世界の伝記 マザー・テレサ 貧しい人のために生涯をささげた聖女


出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

「学習漫画 世界の伝記 マザー・テレサ 貧しい人のために生涯をささげた聖女」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年03月
ISBN: 9784082400248

菊判 144ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

インドに住む貧しい人びとのために、救いの手をさしのべてきた愛と勇気の人。この活動に対してノーベル平和賞がおくられた。

ベストレビュー

マザー・テレサ

茨城のり子さんの詩に「マザー・テレサの瞳」というのがあります。その中に「鷹の眼は見抜いた 日本は貧しい国であると」という一節があります。

この伝記の中に日本に訪れたマザー・テレサが裕福な紳士が札束を寄付しようとした時に「ゆたかな国でありあまったもののなかからあたえていたただきたいとは思いません」と断ります。

お金や物の量ではなく愛の量こそ大切だということをマザー・テレサは考えていたそうです。

この場面を読んだ時に、茨城さんの詩が蘇ってきました。今、マザー・テレサが日本を訪れたら一体どんな言葉を伝えてくれるでしょう。

大きなことでなく、人に席を譲る、優しい言葉をかけるそんなことから始めてほしいとマザー・テレサは伝えています。

日本にも愛語と布施を説いた道元という僧がいました。マザー・テレサの言葉は宗派を超えて、道元にも通じるものがあると思ったところです。

大事なことは、国や宗教には関係なく人を愛すること、そこからおこる気持ち、思いやりなのだろうと思います。

息子が借りてくる漫画伝記です。伝記はできたら文章で読んでほしいそういう思いから、☆4つですが、親子で大切なことを話し合いたくなるそんな内容です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




新しい命との出会いと戸惑い、そして心からの喜び

学習漫画 世界の伝記 マザー・テレサ 貧しい人のために生涯をささげた聖女

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット