庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
学習漫画 世界の伝記 ガリレオ・ガリレイ 「それでも地球は動く」といった物理学の父
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

学習漫画 世界の伝記 ガリレオ・ガリレイ 「それでも地球は動く」といった物理学の父


出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

「学習漫画 世界の伝記 ガリレオ・ガリレイ 「それでも地球は動く」といった物理学の父」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年11月
ISBN: 9784082400262

菊判 144ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「近代科学の父」と呼ばれている大科学者。権力者たちから迫害されながらも、古い常識にとらわれず、真理の追求をつづけた。

ベストレビュー

伝記であると同時に科学史でもあります。

息子が科学館で、ガリレオ式望遠鏡とケプラ式望遠鏡の展示を見て、
ガリレオに興味をもったためガリレオの伝記を探しました。
どうやらガリレオの伝記はたくさん出ていますが、
この本はまんがなので小1の息子にも理解できることと、
絵がちょっとレトロだけど、シンプルなタッチで読みやすく描かれていたため選びました。

本書は、ガリレオの生涯を描いた伝記であると同時に、
天動説から地動説への変貌期を丁寧に描いた科学史でもあります。
息子は伝記はあまり好みませんが、
科学の本は大好きです。
息子がこの本を読み切れたのは、科学的な要素が大きいと思います。

ガリレオはキリスト教から迫害され続けましたが、
死後350年後の1992年、
ローマ法王、ヨハネ・パウロ二世が、
ガリレオを迫害したのは誤りだったと認めました。
誤りを認めるのがあまりにも遅いですし、
科学は宗教に迫害されるものではないと現代の日本人は思いますが、
それでも最後のページには大人の私も感動してしまいました。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

学習漫画 世界の伝記 ガリレオ・ガリレイ 「それでも地球は動く」といった物理学の父

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット