雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
学習漫画 すばらしい世界遺産/古代遺跡の旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

学習漫画 すばらしい世界遺産/古代遺跡の旅


出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

「学習漫画 すばらしい世界遺産/古代遺跡の旅」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年05月
ISBN: 9784082880576

菊判 160ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ピラミッドや万里の長城など、子どもたちに親しみやすい古代遺跡をめぐる。世界遺産条約の成りたちや、日本の世界遺産も紹介。

ベストレビュー

「世界遺産」の存在意義が理解できました。

「学習漫画」ではありますが、
全150ページ中、漫画は50ページ、各世界遺産の解説が100ページです。
監修は吉村作治さんで、漫画にも登場し、子どもたちに解説してくれます。
解説部の文字は小さく、
内容的にも世界史を多少理解している小学校高学年以上向けでしょうか。
うちの6歳児も漫画部分だけ読んでいましたが、
どこまで理解できたのやらという感じです。

冒頭は国連やユネスコができた経緯。
そして世界遺産を守ろうと言う提案がされるまで。
きっかけは、エジプトのアスワンハイダム建設で水没する多数の遺跡を、世界中の国がお金を出して、移設したことでした。

最近、世界遺産といえば、
観光地として名を成したい地方行政が躍起になっているという印象を受けますが、
そもそも世界遺産ができた経緯や意義を知ることができ、勉強になりました。

私が学習漫画に期待することは、
理解度の低い小学校低学年でも読める内容であること。
高学年ならば、漫画でなくても、世界遺産について勉強できる本はいくらでもあります。
低学年でも理解できる内容であれば、なおよかったです。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

学習漫画 すばらしい世界遺産/古代遺跡の旅

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット