雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ヘンリーフィッチバーグへいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヘンリーフィッチバーグへいく

  • 絵本
作・絵: D.B.ジョンソン
訳: 今泉 吉晴
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ヘンリーフィッチバーグへいく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年04月25日
ISBN: 9784834019377

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ソローの『ウォールデン ー森の生活ー 』の思想に共鳴した作者が、クマのヘンリーを主人公にして、「いまを楽しく生きる」すばらしさを絵本に描きました。


 この絵本は、作者のD.B.ジョンソンが、ヘンリー・デイビット・ソローの名著『ウォールデン ー森の生活ー 』の一節から着想をえて、「自然のなかで生きる楽しみ」を、簡潔な文とあざやかな絵で描いた絵本です。
 ヘンリーとともだちは、48キロはなれた美しい町、フィッチバーグを見にいくことにしました。どうやっていくかについては、ヘンリーは歩いていくのがいいと思い、ともだちは働いたお金で、汽車に乗ってみたいと思いました……。フィッチバーグに着くまでの、ふたりの一日のすごし方、経験の楽しみ方が、ページの見ひらきごとに対比されて描かれ、子どももおとなも楽しめる、ソローの「いまを楽しく生きる」という思想の、すばらしい入門書にもなっています。
 訳者の今泉吉晴さんも、山梨と岩手の山林に自分で小屋を建て、いまの時間を、自然のなかで楽しみながらくらしています。

ベストレビュー

どっちが、自分らしい楽しみ方か

くまのヘンリーと友達が48キロ離れたフィチバーグという街へ出掛けることにしたのですが、二人は、バラバラに行くことにしました。ヘンリーは、歩いて行きたかったし、友達は汽車で行きたかったからです。はたして、どちらが先に着いたのでしょうか。
友達は、切符代を稼ぐためにいろいろな仕事をします。薪運び、掃除、草抜きなど。一方、ヘンリーは、花をつんだり、いかだで川をさかのぼったり、ハチの群れに襲わり・・・。二人とも、それぞれ色々な体験をして、苦しかったり、楽しかったりしながら、とうとう目的地にたどり着くのです。
本の見開きの左側が友達、右がヘンリーの同時進行で描いているところが面白いですね。また、絵のタッチが独特で、色使いが明るくきれいです。
自分なら、どうやって48キロの旅をするのか想像してみると、また楽しめます。歩くのが大好きな我が家は、全員一致で、ヘンリーと同じ歩く方を選びました。
でも、乗り物好きな人、いろんな仕事をしてみたい人、だらだら移動するのが嫌いな人は、友達の選んだ方法にすることでしょう。一方、歩くのが好きな人、自然を満喫したい人、冒険好きな人は、迷わずヘンリーの方を選ぶのです。時間の楽しみ方は、人それぞれで、どちらがいいかは、その人次第なのですね。
(はなしんさん 30代・ママ 女の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

D.B.ジョンソンさんのその他の作品

ヘンリーのしごと / ヘンリーやまにのぼる / ヘンリー いえをたてる

今泉 吉晴さんのその他の作品

シートン動物記 サンドヒルのシカ スタッグ / シートン動物記 下町のネコ キティ / シートン動物記 コウモリの妖精アタラファ [図書館版] / シートン動物記 コウモリの妖精アタラファ / シートン動物記 大草原のウマ ペイサー / シートン動物記 カラスの シルバースポット



子どもの健やかな成長を願う終わりのない愛の絵本

ヘンリーフィッチバーグへいく

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット