ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
てんのくぎをうちにいったはりっこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てんのくぎをうちにいったはりっこ

  • 絵本
作: かんざわ としこ
絵: ほりうち せいいち
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「てんのくぎをうちにいったはりっこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年03月20日
ISBN: 9784834019360

読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

天の丸天井を支えている釘がゆるんで、天が落ちてくる! 誰かが釘を打ちに行かなくては。そこで名乗り出たのは、ひいひいじいさまの形見のハンマーをさずかった小さなはりねずみのはりっこだった。


 天の丸天井を支えている釘がゆるんで、天が落ちてくる! 誰かが釘を打ちに行かなくては。そこで名乗り出たのは、ひいひいじいさまの形見のハンマーをさずかった小さなはりねずみのはりっこだった。七つの谷と山を越え、北山にたどりついたはりっこは火をふく蛇と闘って打ち負かし、天へ続くはしごをのぼる。ようやくてっぺんにたどりついた小さなはりっこは、ハンマーで、懸命にゆるんでいた釘を天にうちこむ。とびあがり、はねあがりながらついに釘を打ち込んだはりっこは森の仲間のもとへ無事帰り着いた。
 北の森でおきたとてつもない危機を救った小さなはりねずみの冒険を、昔語りの語り口で、大きな時間の流れ、空間の動きの中で描いた絵本です。リズミカルな言葉で描かれる物語を、堀内誠一さんがみごとに描きます。愛らしい小さなはりねずみのはりっこが、懸命に天の釘を打つ姿は、いつまでも子どもたちの心にのこることでしょう。

ベストレビュー

はりっこはスーパースター

奇想天外なお話ですが、はりっこの勇気と行動力が光ります。
空に天井をとめている釘があるという設定自体がすごいですが、それが外れたら、間違いなく空が落ちてきて世界は終わりをむかえてしまいます。
釘を打ち込む役を買って出たはりっこは素晴らしいと思います。
大活躍はマンガ的ですが、楽しく読むことが出来ました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かんざわ としこさんのその他の作品

うめぼしさん / おいしいよ / ここよ ここよ / たんたん ぼうや / おっとせい おんど / こねこちゃんはどこへ

ほりうち せいいちさんのその他の作品

おおきくなるの / こぶたのまーち / かにこちゃん / くまとりすのおやつ / てつたくんの じどうしゃ / でてきて おひさま



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

てんのくぎをうちにいったはりっこ

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット