大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
自分で好きな香りがつくれちゃう「香りのワークブック」。お手紙に、そっと香りを添えてみませんか?
やさいむらのなかまたち 秋
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やさいむらのなかまたち 秋

  • 絵本
作・絵: ひろかわ さえこ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784034361306

小学中級から
19cm×14cm/39ページ/判型:B6判

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

じゃがいもやさつまいもなど、ほっこりおいしい秋やさいのまめ知識や栄養をくわしく解説。食育の第一歩にもおすすめです!

やさいむらのなかまたち 秋

ベストレビュー

しいたけも仲間だーい

 「こころのちずをひろげると ふるさとちほうのかたすみに 「やさいむら」がのっています」、こんな詩的な書き出しで始まる絵本は、『やさいむらのなかまたち』という季節ごとのシリーズものです。
 秋の巻は、男爵さまとおだてられ都会へ出たものの、そこでは「イモ」となじられた「じゃがいもくん」の紹介から始まります。
 絵本、というよりも漫画っぽい、でありながら、それぞれの野菜を紹介する「ねほりはほり」というページは、その特徴をうまくまとめています。
 「じゃがいも」でいえば、ちゃんと「ナス科ナス属」の野菜とまず書かれています。
 そのあとに名前のいわれ、例えば「男爵いも」と呼ばれるのは川田男爵が持ち込んだ品種だとかそういう話。
 さらには、栄養とか保存のことも書かれています。
 ちょっとした豆知識として、給食の時間なんかに使えそうです。

 「やさいむら」の秋編には、どんな野菜が紹介されているでしょう。
 じゃがいも、ほうれんそう、さといも、せろり、さつまいも、とうがらし、しょうが、しいたけ、です。敬称は略しました。
 この中でひとつだけ本当は仲間はずれがいるのですが、わかりますか。
 答えは「しいたけ」。
 しいたけは植物ではなく菌類なんですね。
 でも、「やさいむら」のみんなは仲良しですから、仲間はずれになんかしません。
 そんなところがなんともほっこりする、いい村です。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ひろかわ さえこさんのその他の作品

あと、いくつ? / ぱんぽこぽん / たんぽぽでんしゃ / じゃがいもちゃん / おまめちゃん / ぷちとまとちゃん



たたかえ!じんるいのために!

やさいむらのなかまたち 秋

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット