もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
おにころちゃんとりゅうのはな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おにころちゃんとりゅうのはな

  • 絵本
作: やぎ たみこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784265070367

3才 〜 小学校低学年向け
32頁 A4変型判 24.0×21.0

関連するスペシャルコンテンツ


遊びに来てくださいました!

出版社からの紹介

鬼の子どものおにころちゃんが、竜の鼻を持って人間の村へ行きました。
竜の鼻の鼻息で、いろんなものをふくらませて遊んでいると、たき火の火が燃え広がってさあ大変!

おにころちゃんとりゅうのはな

ベストレビュー

やぎさんの作品大好き!!

「くうたん」「もぐてんさん」の作者です!!

おにのおはなしは、数々あれど
これは、例がない!

「りゅうのはな」???が気になったのです
なんとも、怪しい・・・

人間の国への冒険かな・・・
いたずら?
仲良くなりたいの?

あらら・・・大変なことに・・・

なんともなつかしく感じるのは
昔話のような世界だからかな?

おじいちゃんとおとうさんが詰め将棋していたり
おばあちゃんとおかあさんは
何かお料理作っていたり

帰ってきて
おにころちゃんは、おとうさんに叱られている様子
でも、その隣でおかあさんったら、巨大ひよこで
遊んでる・・・(^^ゞ
鬼の国も人間らしいからかしら?

なんだかとっても心がほんわかしますよ
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

やぎ たみこさんのその他の作品

ほげちゃんとこいぬのペロ / ヘルシーせんたい ダイズレンジャー / ほげちゃん まいごになる / ゆうれい回転ずし 消えた少年のなぞ / てんぐのがっこう / ぷくみみちゃん



『くれくれくまちゃん』 翻訳者 成瀬まゆみさんインタビュー

おにころちゃんとりゅうのはな

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.21

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット