ガラゴの小型えほんボックス 特製ガラゴのながぐつキーホルダー付き ガラゴの小型えほんボックス 特製ガラゴのながぐつキーホルダー付き
作: 島田 ゆか  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
あのガラゴのかばんの中に、小型絵本とキーホルダーが入ったスペシャルセット!
まゆみんみんさん 40代・ママ

プレゼントにもぴったり!
ガラゴの絵本2冊(小型版)が入ったセッ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
狼森と笊森、盗森
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

狼森と笊森、盗森

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 村上 勉
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「狼森と笊森、盗森」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年11月
ISBN: 9784039636508

5・6歳から
28cm×24cm/35ページ

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

昔の人間と森の共存はいいなぁ・・・

今の文明人が忘れ去った人間と森の共存を考えさせられます。人が住むのに森に許可を
もらい森が答えてくれるのは、森もその当時は人間と関係を持っていたためだと思います。
今もし森に開拓しようとしても、他の場所でブルドーザとかで環境破壊とかやっているから森は怒って黙ったままだと思います。
賢治の書いた頃狼森と笊森、盗森はまだ自然も答えてくれる余力があったのですね。
さて、物語ですが、村上先生の表紙の狼がひょうきんで笑えます。それに笊森の山男、盗森の黒い男も、彼らは森の象徴なのだろうけど、愛嬌があっていいです。
姪っ子はまだこの絵本は読んでいないので、寝る前に少しずつ読んであげるつもりでいます。
(doruさん 40代・その他の方 姪10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮沢 賢治さんのその他の作品

貝の火 / ざしき童子のはなし / どんぐりと山猫 / 雨ニモマケズ / フランドン農学校の豚 / 雨ニモマケズ

村上 勉さんのその他の作品

かぜにもらったゆめ / プー通りの家 / 絵本・世界の名作 ドン・キホーテ / 角川文庫 クマのプ― / コロボックル ぬりえ / コロボックルに出会うまで



『たぬきがのったら へんしんでんしゃ』 <br>田中友佳子さんインタビュー

狼森と笊森、盗森

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット