おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
たべるの だれかな だれかな?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たべるの だれかな だれかな?

作・絵: リスベット・スレーヘルス
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784097264125

B24取/28頁

出版社からの紹介

いきものたちのかくれんぼをみつける、あなあき絵本

たねをたべるの だれかな だれかな? 
チーズは? どんぐりは? …。
ページにあいた穴から見えるいきものを、たべるものからあてっこする楽しい「あなあき絵本」。
ひよこ、ねずみ、りすなど、子どもの大好きな虫や動物がつぎつぎと登場します。
ベルギー出身の作者、リスベット・スレーヘルスのあたたかく力強い線と、鮮やかな中に深みのある色づかいが、お子さんに豊かに語りかけます。
親子で会話をしながら楽しめるしかけ絵本です。


ベルギーでも人気の絵本作家による赤ちゃん絵本。
シンプルなしかけなので、ファーストブックにもぴったりです。
色のセンスは、おしゃれなお母さんにも満足してもらえるはず!
楽しく美しいあなあき絵本。おすすめです!


たべるの だれかな だれかな?

ベストレビュー

0〜1歳のお子さんにおすすめ

2歳の子どもに読んだのですが、ちょっと遅かったかなぁという感想です。
逆に、0〜1歳のお子さんならとても楽しめる絵本です。
「くさをたべるのだあれ?」でページをめくると、「うし」が現れてきます。質問のページに小さな穴があいていて、そこから動物の様子が少し見られるので、この動物は何かな?と推測しながら読むことができます。
目で見て、耳でヒントを聞いて動物をあてる遊びができます。
知育の観点からも、とてもよく考えられた絵本だと思います。
(りおらんらんさん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

リスベット・スレーヘルスさんのその他の作品

かくれているの なにかな なにかな? / ピピとトントンのえほん トイレでうんち / ピピとトントンのえほん おふろのじかん / ピピとトントンのえほん ちいさなおとうと / ピピとトントンのえほん ママのおなか



「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

たべるの だれかな だれかな?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット