大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
ぼくのからだここなあに おふろでおぼえる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのからだここなあに おふろでおぼえる

  • 絵本
作・絵: はた こうしろう
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥880 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年05月
ISBN: 9784591072196

対象年齢:幼児向

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

クーとマーがパパとおふろに入ります。おなかをゴシゴシ・・・ からだの各部のなまえをお話でおぼえる絵本。

ベストレビュー

おふろに入って、覚えましょ!

この、クーとマーのシリーズは、本当にいいですね!前にも「このいろなあに」で書きましたが、日本人の感覚とは思えない配色の明るさがあります。そこがすごく楽しくっていい!!
今回のお話は、お父さんと一緒におふろに入った、クマの子クーとマーが、お父さんの身体を洗ってあげながら、身体の名称を言っていく内容になっています。
ここで、素晴らしいと思うのは、ただ言うだけではなくて、耳は優しく洗おうとか、爪は手だけじゃなくて、足にもあるとか、読む事で改めて、幼児の心に訴えてくるものがある所です。
日頃家を留守にしがちなお父さんとこの絵本を読んで、その後でお父さんと一緒におふろに入って、クーとマーみたいに楽しく(身体の名称を)覚えられるといいですね。
(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

はた こうしろうさんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / はじめてのオーケストラ / みちくさしようよ! / なのだのノダちゃん (2)ひみつのわくわく七ふしぎ / まてまてさん / きかせたがりやの魔女



風変りで美しい表現方法がたくさん!

ぼくのからだここなあに おふろでおぼえる

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.46

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット