庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
紙芝居 しゅっぱーつ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 しゅっぱーつ!

作・絵: 山本 祐司
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ぼく、のりもの大すき。ぼくがのってるの、なんだかわかる?“しゅっぱーつ!”とかけ声をかけると、自動車やバスが走り出します。「ブーブーブー」などの音も楽しく、2・3歳の小さな子どもたちから楽しめます。

自動車、バス、新幹線……身近なのりものが、「ブーブーブー」など楽しい音と一緒に出てきてます。2・3歳の子どもたちから楽しめる紙芝居。


しゅっぱーつ!

ベストレビュー

乗物好きのお子さんにオススメ

最近、紙芝居に興味をもった2歳11か月の息子に図書館で借りました。

これはとにかく、いろいろな乗物が出てきます。
車、バス、新幹線、そして、最後にロケット。
それに主人公の男の子が乗った気持ちになったストーリーなので、
乗物好きのお子さんは喜ぶかと思います。

息子も喜んでいました。
内容は、もう少し小さい子向けですけれどね。
1歳くらいから読めると思います。
(トゥリーハウスさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山本 祐司さんのその他の作品

ぼくとお父さん / きせつの ぎょうじえほん / すやすや ぷー / 紙芝居 さよなら おめでとう / 紙芝居 これなになに? / 紙芝居 まってるのだあれ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

紙芝居 しゅっぱーつ!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット