すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
時の書(全3巻)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

時の書(全3巻)


出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥5,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

マダガスカル島の歴史の先生が作者!

中3の娘に薦めました。
中学になって、すっかり世界史がすきになったので、夏休みの感想文にどうかな〜と、思って。

この作品は、なんと「マダガスカル島」で歴史の先生をしている方が書いています。
主人公が住んでいるのがアメリカよりのカナダだったので、てっきりアメリカ人か、カナダ人が書いたのかと思っていましたが、後書きを読んでびっくりしました。
歴史の史実にも手を抜かず、主人公が飛ばされてしまった過去の世界の風習やら、町の様子やら、衣服から食べ物まで、丹念に描いてくれていたので、想像することが楽にできました。

うちの子は特にヨーロッパの歴史に興味を持っていたので、年の近いサム(14歳になったばかりの主人公)と、ともに楽しい歴史の旅ができたのではないかと思います。
行間や文字の大きさは小さすぎず、とても読みやすい作りをしていました。上中下の3巻に及ぶ長い物語でしたが、その長さを感じさせない面白さがあります。
子どもも1巻を読み終わったあたりから止まらなくなり、あっという間に3巻読破してしまいました。

少々SFチックな物語ではありますが、ドキドキハラハラの冒険もあり、主人公と同年代の子どもたちにぜひ、お薦めしたいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




道端にいるカエルが、実はカエルをやめたがっていたら…?

時の書(全3巻)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット