もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
紙芝居 くじらのしま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 くじらのしま

作: 新美 南吉
脚本: 堀尾 青史
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「紙芝居 くじらのしま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

生きていくうえので悲しさ

原作が新美南吉氏とのこと
知らないなぁ・・・
と、詩を元に
脚色されたもののようです

解説を読むとよくわかり
頷いてしまいます

このおはなしは、「何か」が残るのです
私は、鯨の親子
まずは、子を逃がし、自分が盾になり
漁師達に向っていくー姿と
幸吉と父親の関係
その父親が亡くなった後の
幸吉と母親の会話に
じわじわと感動してしまいます

じわじわというのも
表現が未熟で申し訳ないのですが

「貧乏」な島であることが前提で
鯨が捕獲されると半年は裕福な生活が
補償されるのです
その代償というのが
幸吉の父の死
勇敢で、ものすごい働きだと思います
でも・・・
それは、幸吉にとって、望んだことではないはず
でも、島の人達は・・・
その様子に、どう受け止めればいいのでしょう

逆に鯨側から見れば
島に近付いたがために悲しい運命になったわけで

人間が生活をしていくということは
こういうことなんだろうか・・・
と、考えてしまうのです

対象年齢が難しい
小学中高学年から中学生でもいいように思います

もしかして、何も感じない子もいたりして!?
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


新美 南吉さんのその他の作品

ごんぎつね / きつね / 巨男の話 / のら犬 / げたにばける / 国語が楽しくなる新美南吉絵童話集(3) ついていったちょうちょう

堀尾 青史さんのその他の作品

紙芝居 やぎじいさんのバイオリン / 大型紙しばい こねこのしろちゃん / 紙芝居 のばら / 大型紙しばい あひるのおうさま / 紙芝居 どんぐりとやまねこ / 紙芝居 ふたごのほし



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

紙芝居 くじらのしま

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット