もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
15歳の東京大空襲
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

15歳の東京大空襲


出版社: 筑摩書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥780 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

戦時中の少国民

児童文学でも絵本でもない本ですから、絵本ナビにはちょっとなじまない本かも知れません。
8月のこの時期に戦争をテーマにした絵本を読み続けていたら、戦時中の子どもがどんなであったかを体験として知ることも重要ではないかと思い、手にした本です。
戦時中の東京。
小学校も低学年は学童疎開で東京を離れます。
学童の年齢の上の子どもたちは、少国民として戦争に巻き込まれていきます。
客観的な平和論ではなく、少年は時代の中でどう生きたかが体験として生き生きと描かれています。
自分がその時代にいたらどうして生きただろうかと考えてみると、社会の大きさを感じずにはいられません。
絵本を読む間に、このような本を読んでみることも大切かと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

15歳の東京大空襲

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット