バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
まあるいいのち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まあるいいのち

作: イルカ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784097264255

B20・32頁

出版社からの紹介

イルカから地球のみんなに贈るメッセージ。
2010年は、生物多様性年に当たり、10月に愛知で開かれるCOP10など、国際イベントも多数予定されています。
この絵本は、「国際多様性」をテーマに書かれた歌「まあるいいのち」を基に創作されました。
「生物多様性」とは、地球上には多様な生物が存在することを示すという造語です。
環境破壊などで、一端失ってしまった多様性は、元に戻すことが出来ません。これは、現在、かつてないスピードで
進行している生物多様性の喪失を食い止めるために、2010年を生物多様性元年と定めて、
地球規模で活動をしていこうというものです。
IUCN国際自然保護連合の親善大使を務めるイルカは、「生物多様性」の大切さを、もっとわかりやすく、
子どもから大人まで、伝えたいと思い、この物語を書きました。
お話は、イルカのイメージキャラクターであるノエルちゃんとそのお友だち、犬のきんのすけが、水の惑星
「地球」にやってきて、森の生きものとふれあう中で、いろんな生きものたちが、共存することや、
生命の大切さに気づいていきます。もととなっている「まあるいいのち」の歌のCDがついています。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イルカさんのその他の作品

真冬の天使



完売店続出・即重版!終わりのない愛の絵本、好評につきPart2

まあるいいのち

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット